クリニックHPのための内部対策

クリニックHPのための内部対策

「内部対策」とは、サイト内部におけるソースの記述方法の最適化です。
つまり、Googleのクローラビリティを高めてサイト内を巡回しやすくしたり、サイトの内容を正確に伝えたりするための施策をいいます。簡単に言うと、Google先生に分かり易い様に文章やソースを書きましょう!と言うことです

内部対策を行わないと?

どんなに充実したコンテンツを用意しても、それをGoogleが正しく認識できないことになってしまい、結果的に上位表示が望めなくなってしまいます。そのため、内部対策はサイト設計の次の工程として、また、コンテンツ作成の前提としてもまずやっておかなければならない施策という位置付けになっています。

折角、お金や時間をかけて書いた記事やHPがそもそも、評価してもらえなければ意味ないですよね!

ここからは、内部施策について具体的な方法を見ていきたいと思います。

具体的な内部対策

以下が具体的な内部対策になります。 記事ができるたびに追加していきます。
  1. ①UI・UX
    1. モバイルファースト
    2. サイト表示スピード
    3. AMP対応
    4. https化
  2. クローラーの巡回を促す施策
    1. XMLサイトマップ
    2. 内部リンクの最適化
    3. ディレクトリの階層
    4. パンくずリストを設置する
    5. ページネーション
    6. robot.txtの使用
  3. 適切にインデックスしてもらうための施策
    1. ページはインデックスされているか
    2. Canonicalタグ
    3. noindexタグ
    4. 重複コンテンツ
    5. エラーへの対処
  4. 内容を適切に伝える施策
    1. meta descriptionの最適化
    2. meta refresh
    3. 見出しタグの最適化
    4. 画像のaltタグを適切に記載
    5. アウトバウンドリンク
    6. titleタグの最適化
  5. ガイドライン違反
    1. 隠しテキスト・隠しリンク
    2. クローキング
  6. これから注目のもっと深いSEO内部対策
    1. ドメインについて
    2. 音声検索に対する内部対策
    3. 海外におけるSEO対策

<関連記事>

 

サイト設計は内部リンク最適化を図る前提として、大事なことです。

私たちは、SEOを①サイト設計②内部対策③外部対策に分類しています。

サイト設計を内部対策から独立させているのは、コンテンツマーケティング、内部対策の基礎になる部分だからです。

この記事では、クリニックSEOに必要なそもそものサイト設計について、具体的な事例を元に解説しています。

内部リンクを最適化するための階層の話、そもそも求められるコンテンツってというところにも触れているので、まずお読みください。

1.UI/UX

2.クローラーの巡回を促す施策

 

3.適切にインデックスするための施策

1.UI/UX

1.UI/UX

1.UI/UX

1.UI/UX

1.UI/UX

1.UI/UX

MEO概要カテゴリの最新記事