XMLサイトマップ

XMLサイトマップ

【クリニックのSEOに必要?】XMLサイトマップとは?

ここではクリニックHP制作・SEO対策に必要なXMLサイトマップについて解説します。
まず、結論から

XMLサイトマップとは、サイト内の構造やコンテンツ(画像や動画も含む)を検索エンジンに「早く」「的確に」理解してもらうためのファイルです!
 
XMLファイルをクリニックサイトに設置することでクローラーが貴方が書いたページを認識しやすくなります。

折角、作ったHPをしっかり認識してもらうためにXMLファイルを設置しましょう!

XMLサイトマップが必要なケース

XMLサイトマップは間接的なSEO効果を期待するものですが、実は、絶対に必要なものではありません。
GoogleもSearch Consoleヘルプで公式にXMLサイトマップが必要なサイトを明記しています。

①500ページ以上ある
→サイズが大きく構造やコンテンツの理解に時間がかかるため

②サイト内リンクができていない
→ページ間に相互にリンクが貼られていないと、クローラーが認識できない。(そもそも、XMLが必要以前に内部リンク構造を見直す必要があります)

③外部からの被リンクが少ない
→クローラーはページとページのリンクを巡るため、外部リンクが少ないと検出されにくいため(勿論、同時に被リンク獲得のための対策も必要です)

④多くの画像や動画がある
→動画、画像はテキストに比べて的確に情報を検出しにくいため

以上を見て分かる通り、XMLサイトマップが必要になる以前にやるべき対策は多くあります。

それを見ると、え、クリニックのHPにXMLは必要ないんじゃない?と思うかたもいるかと思います。

しかし、実はXMLマップは簡単に作れるので、作って損はない!作られることをお勧めします。

自分で作る!XMLサイトマップの作り方

XMLサイトマップは、自分で作成することもできますが、以下のサイト等で自動作成することも可能です。

『sitemap.xml Editor』【無料】

 

クリニックHPのXMLサイトマップ

上から順番に解説します。

①最終更新日
URLのコンテンツが最後に更新された日を自動で取得します。
クローラーは更新があったURLを優先的に巡回するので「する」を選択しましょう。

②サイトの更新頻度
「記述しない」のままで構いません。

③優先度
自動でサイト内のページの優先度を設定してくれます。「する」を選択しましょう。

④除外ディレクトリ
サイトマップから除外したいURLを指定します。
内容が薄い記事など載せたくないURLはここに記載しましょう。

⑤同一タイトルURLの除外
サイト内にある同じタイトル同じ内容のページを除外してくれます。「する」を選択しましょう。

 

http://www.sitemapxml.jp/でXMLを作成する際は、ファイル名を「sitemap.xml」とし、サーバーのトップページ(index.html)と同じ階層にアップロードします。そして、SearchConsole内でGoogleに「(ドメイン名)/sitemap.xml」とサイトマップを設置したURLを送信し、サイト構造を伝えます。これによって正式にGoogleに対してサイトの構造を送信し、把握してもらいます。この作業は、ページを追加したりページ構成が変わった際には再度行うべき作業です。その際にはサイトマップを作成し直し、アップロードしてからSearchConsoleで送信しましょう。

 

Google XML Sitemaps

WordPressでXMLファイルを作る際に最もメジャーなプラグインです。

プラグインを追加→Google XML Sitemapsで検索し、インストール後に有効化しましょう。

基本的に設定は、元のままで問題ありませんが、クリニックのHPではコメントはあまりないので<投稿の優先度>では一番上の「優先順位を自動的に計算しない」をチェックしましょう。

ALL in ONE SEO Pack

 

言わずと知れた、SEOツール。勿論、これでもXMLを設定できます。「機能管理」→「XMLサイトマップ」を選ぶだけで自動的に作成してくれます

まとめ

 

XMLは簡単に設置できるので、ぜひクリニックのHPでも導入しましょう。

勿論、・コンテンツを充実させる・被リンクを集める・内部リンクを最適化することが大前提です

内部対策<概論>カテゴリの最新記事